Trumpさんは吉か凶か


 

去年の11/9に寝っ転がってアメリカ次期大統領の選挙戦を眺めていたけれど、Twitterのタイムラインは荒れに荒れてた

 

識者もアーティストも学生も皆一様にてんやわんや。世界中が大騒ぎ。この大騒ぎに紛れてなら、近所のラーメン屋で食い逃げできるんじゃないか、歪みに歪んだ自分の性癖を吐露できるんじゃないか、一重を二重に改造してもバレないんじゃないか、そう考えた人は日本国民の9割に及ぶという

 

 

 

 

もうすぐトランプさんが正式に就任するということで、頭の悪い、尚且つ政治に詳しくない、尚且つ口が臭い僕が少々思うことを書かかせて頂く

基本的に以下の発言の根拠は特になく、言い換えれば自分の経験則からくる妄想が根拠なのでいつも根拠を得て論理的に話を構成される方は時間の無駄になると思うので読まない方が人生無駄にせずにすみます

 

 

 

 

 

 

 

一国を担うのは普通の神経していては無理

最初に僕の立ち位置を言っておくと、「トランプ万歳\(^o^)/その笑顔に癒されます!」という能天気頭の中は快晴男でも、「トランプは糞ですよ。アイツに貧乏ゆすりが止められなくなる魔法をかけてやりますよ」というネット住民頭の中は魔法使い男でもない

僕がアメリカ国民で投票権を持っていたら悩んだ挙句、トランプに投票するかな、という感じ

 

 

では本題

 

アメリカという世界の中心にある(あった)国の意思決定を大きく担う人物は絶対まとな人間じゃない

普通の考えしてたらビビッて大統領になんてなれるわけがない。何億人もの人生を180度変える決定をポンポン出来るわけがない。どこかで頭がマヒってるか頭のネジが5、600本飛んでる

それはブッシュさんもオバマさんも一緒。狂っているというよりかは、常人では考えられない高さから物事を観察しており、常人では考えられないプロセスで意思決定をしている

 

一般市民と同じ感覚では、現代社会で大国を統治するなど不可能。逆に一般市民と同じ価値観を持たれては困る

 

 

 

 

なぜこう思うのかを少し。

フィリピンに行ったとき、毎日のようにストリートチルドレンや死にかけの子どもを見かけた

3年間くらい本を読んで、スタディーツアーに参加して、海外で少し働かしてもらって、現地の人の家に住んだ結論は

 

「「目の前の子どもを見殺しにしてでも全体善を取る」」

 

 

分かりやすく言えば、

 

目の前にいる1人の赤子を見捨てると、10年後2人の赤子が救える

 

こういう状況に置かれたときに赤子を見捨てるのを即決できるひとが、人の命がかかった判断を出来る気がする

一般ピーポーの僕には無理だった。普通に目の前の一人を選んでしまう、怖さに耐えられないからだと思う

 

 

 

話を戻して、ただここで大事なのは、価値観が大いに違う前提で、自国に存在する99.9%の人間が恐ろしくアホだということ(自分よりも視座が低い、規模が小さい)をしっかりと心に刻み、主権を持つその人々の心に寄り添ったフリをし、理解したフリを着実に行い、反発を出来る限り最小限に抑えながら意思決定すること。それが大統領に求められる最低限の技能の一端であり、少なくとも今までの大統領はそうしてきた

 

 

だがしかし、今のところトランプさんにはこの能力が足りていない感があり、色んなところで叩かれている(笑)最近は大女優のメリル・ストリープさんやCNNに一々反論してはまた叩かれている(笑)狙ってやっているのかどうかは知らない

 

ただ、トランプさんが選挙に当選したのは人々の感情を正しく理解していたことも大きな要因の一つとして挙げられるし、冷静に市場(選挙情勢)を分析し、ターゲット(顧客)を絞り、ベストな選挙活動法(ツール、チャネル)を選択した。つまりはトランプさんの圧倒的ビジネス手腕が政界でも通用することを示した。少なくとも選挙には通用した

 

 

ビジネスであれだけ成功するには、右脳も左脳も必要な気がする。頭がいい(左脳的に優れている)だけではビジネスが成功するはずがないし、熱くて思いやりがあるだけでも成功しない。トランプさん、また、トランプさん陣営を含めてトランプさんと認識すると、トランプさんは右脳的にも左脳的にも優れているはずなのだ

 

また、トランプさんのキャリアからして状況分析の能力はハンパやないだろうし、感情をコントロールして合理的な決定をするのにも長けてる

 

 

 

 

 

今までベラベラ言ってきたことは全て勘だし、さらに全く根拠のない読みをすると、

 

 

 

 

トランプさんは意図的に変な発言をしているのではないかな

 

と思うわけです

 

まあ、盗聴とかされてプライベートでも問題発言しまくってることが明らかにされているわけですが、それを差し引いても公での発言は大分計算入ってるんじゃなかろうか、と

 

 

 

つまりは、トランプさんは見据えてる着地点が常人のそれとは一線を隔しており、根本的に目指しているところが違うのではないかな、というところが僕の考え

 

アメリカさえ良ければ良い、白人さえ良ければ良い、この考えも分からなくもない。そもそも人間は豚や牛や虫や魚や植物や鳥を殺してる

言いたいのは、僕の前提からいけば大統領になれるひとは一般的な価値観ではないので、一般的な人より遠くの視点から、例えば人類史観的な視点や人間の幸福とは何かという哲学的な観点から物事を見ているとすれば、一概に「なんてヤツなんだバカヤロー!」とは糾弾するべきではないということ

 

 

じゃあどうすればいいのかというと、99.9%の一般ピーポーは糾弾するしかないのです(笑)

ここで”ピーピー騒ぐな”という指摘と”ピーピー騒ぐしかない”という指摘がケンカしちゃっているので、そのケンカの終着点は”自分の日々を精一杯生きよう”というところだと思う

 

 

ぶっちゃけ世界にはどうしようもないこともある(悟り感ブワァ)

 

トランプさんはデモとかで屈する人ではないので(屈する人なら今までの言動の理屈に合わない)、ピーピー叫ぶよりかは孫さんみたいなビッグな投資家・実業家になることを目指し、トランプさんと心理戦できるところを目指そう

 

 

 

 

 

結局は結果が全て

結局は結果なので今はまだ何とも言えない

”何とも言えない”では世界が崩壊してしまう恐れがあるのでそんなこと言ってられないのが政治のめんどいところ

 

ただ、まだトランプさんは政策に関して詳しいことは言ってないらしいし、メディアとのケンカしかしてない

 

結果を出したら歴代最高の大統領

出せなければ最悪の大統領(たぶん世界戦争)

 

この他人事感が悟り世代のアカンところなんだけれど、やっぱりまだ米中戦争とかの実感が沸かない、安保のこととかが変化する実感も沸かない

 

 

 

ただ、感情把握が長けたリーダーが行うビジネス的手法での政治が成功するのであれば、一気に世界は前進する気がしている

 

 

あと、オバマさん、本当にお疲れさまでした

素晴らしい大統領であり人間でした尊敬しかないです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です