お世話になった方々への活動経過報告 #PeaceBaton始めます


最近、また仕切り直して活動が再出発という形になりました。

色々試行錯誤の中で、多くの方々に相談に乗って頂いたり人を紹介して頂きました。まとまった活動報告がちゃんとできていなかったので、このブログにまとめて報告させて頂きたいと思っています。

お手隙の際にでもご一読頂けるととても嬉しいです。

 

 

この記事の要点は以下です。

> Patroを辞め、#PeaceBatonを始めます
>>> 納得感を持ちたい

> なぜ #PeaceBatonに至ったか
>>> 「こんな金でビール飲んでも旨くないんだよね」
>>> 世界平和の方法論に納得感を持つ

> 仕組み化しながら皆で進みます
>>> 皆で一緒に作っていきたいです
>>> アドバイスして頂いていつもありがとうございます

 

 

 

 

Patroを辞めました

当初、“恩送りで溢れる社会を作る”という理念の下、Patroというサービスを作りたいと言っていました。
※Patro: 若手起業家にパトロンを付けることが出来るサービス

進める中で課題が多く出たので適宜形を変えながら試していたのですが(相当変わりました笑)、5日間くらい虚無状態から抜け出せない時が突然訪れ、その時を期に自分の取り組んでいる活動に関してガッツリ振り返りました。

 

振り返りの結論としては、“恩送りで溢れる社会を作る”という目標に十全な納得感を抱けていないということでした。2か月ほど時間を使い、考えに考えた結果(相談に乗ってくださった方々改めてありがとうございました)、以前一度諦めた「世界平和」という目標が一番納得感がありました。

 

今回の件で、自分は「納得感」というのをトップレベルに重要視していることを理解し(今更ですが笑)、感情的に、特に論理的に納得感を持てることをすると決めました。

「青い鳥病の形だ」とご指摘頂きもしましたが、Patroは辞め、新しい理念の新しい活動を始めることにしました。

それが、世界平和の対談リレー #PeaceBaton (http://peacebaton.org )です。
※ 今回は背景に何を考えていたのかを伝えさせて頂きたい、という主旨の為、#PeaceBatonの詳しい説明や事業展開などは省いています。#PeaceBatonに関してはページ下部にまとめています。
またお会いした時に詳しくお話させてください!

 

 

なぜ #PeaceBatonか

そもそも「世界平和」は多かれ少なかれ全員が望んでいることだとは思いますが、自分の場合、いくつか自分事化される経験がありました。

以前フィリピンのスラムに住みながら、NGOでボランティアしていた時に経済的貧困を目の当たりにして、「社会歪んでんな~~」と凹んでいました。その時にNGOでの活動が焼け石に水な感じがしていたのです。(その頃は年間800万の赤字でした)

フィリピンから日本に帰ってきて、久しぶりに会った友達や後輩が鬱になっていて、驚きました。「こっち(日本)でも社会歪んでんな~~笑」って思ったのを覚えています。

 

その時に、ある人が言ってたセリフを思い出しました。

「色んな人が苦しんでる中、一人稼いだ金でビール飲んでも、旨くないんだよね。」

 

賛同するかどうかは意見が分かれると思いますが、当時も今も、僕は同じような気持ちでした。世の中がこんだけ歪んでるのに、心の底から笑えてる感じがしない。それが最近自分の中で繋がって、もう一度「世界平和」を目指そう。そう思いました。

 

ただ、自分の中でどうしたら世界平和が達成できるのか、納得できる方法論を作れませんでした。それでは自分にとって重要な「納得感」を築くことは出来ません。

そこでまず「自分が不可能だと思うことも、どこかの誰かは答えを既に出している」という経験則に則って行動してみることにします。世界平和を考えている人がいいとも形式で世界平和の実現方法論について対談していく #PeaceBatonです。

 

 

仕組み化しながら皆で進みます

#PeaceBatonでは以下のことを意識しようと思っています。

 

パーソナルWhyを作る

上記が #PeaceBatonを始めた原点ですが、それだけでは多くの人を巻き込める「Why」にはなっていないと感じています。「なぜ来田が行うのか?」「なぜ来田たちならできるのか?」という問いに答えられるように、必要な質的および量的な実績を積んでいきます。

 

イマココの気持ちでVisionを語る

同じVisionでもその時その時の感じる気持ちでVisionを語り、もしその時に本当に気持ちが違うのであればサンクコストを考えずその気持ちに従う。
Yume Wo Katare西岡さんの仰っていることからインスパイアを受けました。

 

自分がいなくても回る仕組みを作る

今回の目標「世界平和」は個体としての自分で達成できる範囲を明らかに超えているので、あまり「自分が」「自分で」となってはいけないと思っています。
mikle福井さんの「ミクル式」から学びながら、目的が達成される「仕組み」を作っていきます。

 

 

 

社会にとって良いこと、皆にとって良いことをするときは損得関係なく皆が手を取って同じ方向を向けると思っています。僕はその皆が手を取っている状態やそのようなコミュニティを「チーム地球」と呼んでいます。

 

いつもアドバイスや壁打ちに乗って頂いて本当にありがとうございます。
また、いつも迷ってばかりで大変お恥ずかしいですが、一緒に「チーム地球」で活動できると嬉しいです。

 

以上、活動経過報告でした。

 

 

▼ #PeaceBatonについて

▼ #PeaceBatonのHP

Home

▼ #PeaceBatonの事業計画(簡易)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です