『資本主義を超えるマルクス理論入門』


当たり前やけやけど、マルクスは「資本論」以外にも色々本を出して言説を唱えているわけで、それらをくるっとまるめて読んだら前よりだいぶクリアになった感ある。そしてマルクス頭良すぎて何て形容したらいいのだろうか。おごそか。もはや厳か。


経済体系の移行

よく勘違いされていることですが、「資本主義」VS「共産主義」という対立構造が常に存在するわけではありません。マルクスが言ってはる文脈においては「資本主義」→「共産主義」なのです。VSではなく→という成熟した市場経済を経て共産主義になりますよーと言っています。

 

個のメモの左側です。(右側は僕の考えまとめなので無視)

 

 

この共産主義へのステップのうち、段階2を彷徨ってるのが今という感じですね。

 

 

マルクスの考えでは、「富」は物資的富である商品に集約され、その尺度は物質的富をつくる労働時間によって規定される貨幣量となるとしています。

その上で、マルクスはそれを批判します。なぜなら、人間関係の豊かさ、生の充実などは、それ自体では「富」と見なされず、商品と絡んだときにのみ評価され得るのが資本主義だからです。

「個人の発展した生産力」。これが「本当の富」であるとします。

 

更に、個人の完全な発展は何か。

マルクスは剰余価値を生み出すのは労働力だとしていますが、それを単位時間当たりの労働力と捉えます。現在の資本主義では、(成果報酬型のもの含めて)労働時間で価値がだいたい決められています。

しかし、共産主義に移行する為には、価値を生み出す源泉とされている労働時間ではなく、自由時間こそが重要だと論じます。個人の発展は自由時間によってなされ、「富」の尺度は「自由時間」の長さということに変わっていくだろうと考えています。

 

 

 

共産主義は相当ユートピア

資本主義がマチュア(成熟)になっていくことで資本主義は終焉を迎えて共産主義に移行するとマルクスは説きました。

では、どれくらい成熟したらいいのか。

 

答えは、めっちゃ成熟せんとあかん、です(笑)

生きるための労働というよりかは、やりがいをもとめての労働になったのちに、富を奪い合うことなく、皆で分け合い必要な分だけもらい協働することでさらに富が多く生まれた状態。この状態になって初めてブルジョアジを無くすr事が出来るのだ!と言っています。

 

めっちゃ理想たけえ(笑)

今でこそ、イメージすることが出来ます。BIもそういった状況を想起させますし、AIによって労働はエンターテイメントになっていく可能性が高い。今となってはそうイメージするのも可能ですが、1860年代にそんなことを具体的に考えてるなんてほんとにもう驚きの一言でしかないです。

 

 

やはり僕たちはこの高い理想を手にするように動くように思えます。

資本論には賛同も批判もありますが、冷静に今の時代の流れ、資本主義だけではうまく立ちいかなくなった現状(マルクスはこれを資本主義の自己矛盾と予測していました)、ミレニアル世代の価値観を鑑みるとマルクスの思考はめちゃめちゃに有用な視座を与えてくれているのは間違いないです。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です