『ヘリコプターマネー』


ヘリコプターマネーの戦略、一般人に言ったら猛反発されそうだけど、シンプルで凄い。


信用創造

まず、資本主義では資本が増殖するのはみんな知ってると思うけどなぜ増殖するかを以外に知らない。

僕がぐちゃっというよりこのサイトが分かりやすいので以下を参照ください。

全ての問題の根源はお金の発行の仕組みにある

 

 

また、一般的に市中銀行が信用創造を無際限にしないために、預金準備金というのを設定されています。例えば、銀行が100億貸す場合は、貸すお金の1%の1億円を持っていないといけません。

逆に言えば、市中銀行は法定準備率を満たす限りでは信用創造をしてお金を取れるというわけです。

 

 

 

 

ハイパーインフレにならなかったらOK?

日本は借金大国なのだけれど、借金自体はそんなに重要じゃない。(諸説ある)

外国から借金してたら超絶ヤバい。ギリシャの財政破綻みたいな感じになる。

 

はてさて日本の借金とはなんなのでしょうか。誰が誰から借りてるのか。

答えは、政府が中央銀行から借りています。

 

 

日本は政府だけで存在しているわけではなく、政府と中央政府を合わせて統合政府という風に考えられます。ということは政府が中央銀行から借金するのは、右手(中央銀行)で持ってるお金を左手(政府)に渡すみたいな感じで、その本人(統合政府)が持っている量はぶっちゃけ変わってないんですね。

普通は借金したらお金を返すのが当たり前だと思いますが、政府が中央銀行から借りたお金は最悪別に返さなくてもいいらしいです。自分に貸したお金を自分に返さなくても問題ない、という感じです(分かりにくい笑)

 

国債の全てを日銀が保有しているわけでは全くありませんが、日銀が持つ割合は徐々に増えて行っているらしいです。

 

 

 

「じゃあもう政府が中央銀行からお金借りまくれば良くね!?」ということになりますが、無際限に借りちゃうと紙幣の価値が落ちてハイパーインフレになる恐れがあり、それを防ぐために財政法第5条で「日銀と政府で直接やり取りしたらアカンーよ」というのが書かれているらしいのですが、著者は目標インフレ率を決めて適切に行えば問題ないと言ってはります。

 

 

 

Cレジーム

著者はこれまでの貨幣制度を

Aレジーム:政府中心の貨幣制度

Bレジーム:銀行中心の貨幣制度

と分類しており、Cレジームに移行しなくてはならないとしています。

Cレジーム:国民中心の貨幣制度

 

 

お金って紙切れ自体に価値があるわけではなく、その紙切れに乗っかってる信用が価値を生み出しているわけですが、紙幣を発行した時に貨幣発行益というものが出ます。

 

貨幣発行益=貨幣の価値 – 貨幣創造に必要な価格 です。
9900円 = 10000円札 – 100円(紙代と印刷代)みたいな感じです。この9900円を1万円札を発行する度に中央銀行は手にします。

 

ざっくり言えばこの貨幣発行益を作って、それを直接国民に配ろうって感じです。

今までは「中央銀行⇒民間銀行⇒企業⇒家計」という流れだったので民間銀行と企業がお金を取れまくります。

しかし、「中央銀行⇒家計⇒ 民間銀行⇒企業」にしていまえば、民間銀行と企業にお金を取られる前に家系に配ることが出来るわけですね。

 

 

そしたら銀行が得る利益は0になるどころが、国民が保管料金を払わなくちゃいかんくなるんだけど、それでもいいんだ、というのが主張です。そんなものより国民が得る利益が格段にデカくなり、国民の生活が安定することでマクロ景気も上がっていきます

 

 

確かに、これはBIの一形態であり、とても合理的な作戦に思えました。大学の先生が国際的な関わりを考えると上手くいかない気がするけどなあ、、、って言ってたのでその辺のことを今後は考えていきたいです。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です