『単純な脳、複雑な私』


前に武井壮が言ってて確かにな~!って思ったのが、皆「自分がどのような動きでボールを投げてるのか知らない」っていう話で、動画で自分を撮って後から見たら、「イメージしているより俺気持ち悪い投げ方してる!(泣)」っていうのがあるらしい。

確かに自分がどんな歩き方しているかは知らないし、大笑いしている時の自分の顔は見たことがない。

 

そう考えると自分のことを理解しているのは、案外自分よりも仲のいい友達だったりするのかもしれない。

 

 

他者の理解→自分の理解

脳が発達していない動物は鏡を見てもそれが自分だと気づかないらしい。しかし人間は鏡に映る”自分”を理解できる。

これはあることを意味する。

進化の過程では、「自分を理解する」ことよりも「他人を理解する」ことの方が先に来ているということだ。他者を観察→推測→理解する術をまず身に着けた。その後、その技を自分に転用した

 

まず他者を理解して、その後に自分を理解した。

 

 

このプロセスが面白い。

実は「意識」にも同じことが言える。

 

○○するぞ!と思う→脳から信号を出す→○○する

 

という順番で僕らは行動している。……と一般には思われている。

でも驚くべきことに実際はこうだ。

 

脳から信号を出す→○○する→○○するぞ!と思う

 

この順番らしい。もっと具体的に言えばこう

 

「歩くぞ!」と思う→「歩く」という信号を送る→歩く

 

ではなく、

 

「歩く」という信号を送る→歩く→「歩くぞ!」と思う

 

これもさっきの進化の過程と同じだ。

脳は、自分の身体が「歩いた」ことをまず観察する。その後に、「なんで歩いたんだろうか?」と推測する。その後に「歩くぞ!」と思ったのだと理解する。

 

僕たちは錯覚しているが本当はこういう理屈らしい。じゃあ僕らの意思はなんなんだろうか?端的に言うと”理由の後付け”。ちょっと語弊があるけど、だいたいはこれが意思。

 

 

そう見えるんだったらもうそれはそう。

ええー。自由意志なんてなくってただ行動や選択を脳が自動的に行って、それを後から理由づけして自分で勝手に錯覚しているの?自分がそんな機械みたいなものなんてなんか悲しい…

と思ってしまったが、自由意志とはそれ以上でもそれ以下でもない。

 

筆者は、自由意志の”存在”よりも、自由意志の”認知”に焦点を当てるべきだと言う。

例えばあなたがラジコンを操縦しているとしよう。ブーンブーンと右へ左へあなたはラジコンを走らせている。…しかし実際に操縦しているのはあなたではなくて、ほかの誰かがばれない様に操作していた。この場合はあなたはラジコンを運転しているのだろうか。それとも運転しているとは言えないのだろうか

 

実際はラジコンを他者が操作していても、自分が操作していると思い込んでいたらそれはもう自由だ。それでいいじゃないか

自由意志も本来ほとんどないのだけれど、あると自分が錯覚出来ているのだから、それでいいじゃないか

けっこう悟った考え方だ(笑)ただ、人間は思っている以上にシステマチックに動いているし、動物も何もかもシステマチックに動いてる

 

心を理解するには

ワーキングメモリというものがある。同時に覚えられる能力のこと。

基本的に人間は数字で言うと7つくらいしか覚えられない。

 

629139529127

 

せいぜい覚えられるのは7~8個くらいだろう。それがワーキングメモリの上限

 

 

だから同時に8つ以上のタスクとかを自分の頭だけで考慮するのは不可能に近いらしい。8個以上のことはなかなか思考が及ばない。

 

 

リカージョンというものがある。例えば、僕が頭の中で”自分”を思い浮かべるとする。その”自分”はその頭の中でさらに”自分”を思い浮かべていて、その”自分”は更に頭の中で”自分”を…と無限にループする現象のこと。

ほとんどの生物はリカージョンが出来ないんだけど、人間は出来る。

 

ワーキングメモリ VS リカージョンを考えてみると、、、

7つしか考えられない脳 VS 無限に続いていく「心」「自分」という存在

 

…理解できるわけがない。「心」とか「自分」とかは人間の能力では一生理解できない構造になってる

 

 

だから脳科学には「終わりがない」(=研究し尽くしてすべてを理解する到達点が来ない)可能性が高いらしい。最高な学問だ。

 

 

ただ、一つだけ「心」を理解することが出来るとしたら、キーになるのは絶対「テクノロジー」だ。脳が出すα波の量を自分で調節できるはずがない。はずがないと思っていたけれど、実は出来るらしい。自分のα波を計って、実際にデータで見て、「ああ今こんくらいなのか」ってのを理解したら案外調節できるようになるらしい(笑)すごい(笑)

 

つまりは脳をテクノロジを使って観察、推測、理解していくこと、更にはテクノロジーを使って自分のワーキングメモリを補うことで(当然コンピュータは7つ以上記憶できる)「心」を解明することが出来るんじゃないかと僕は息巻いている。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です