プロダクト開発支援の企画に応募して落ちてフィードバックもらった話

要約:リブセンスめっちゃいい会社。

今やってること

前回お伝えした師弟関係のサービスはニーズがそこまで無さそうなことが分かったので、最終的にMATCH!(仮)のMVPを開発することになりました。

 

没案はコチラ

今進めている案はコチラ

 

Shared Visionは相も変わらず『ありのままに生きよう』。

ここは変わることがありません。

 

事業の内容は変わり続け、これまでプロトタイプを作ったMebotや、LPを作ってニーズヒアリングをしていた師弟構築サービスのほかに、没案はめちゃくちゃ出ました。

これらは全て没案。

 

 

 

現状はMATCH!(仮)で照準を合わせます

 

その理由は単純で、

  • Vision達成に繋がる
  • 皆の反応が良かった

からです

 

顕在的なニーズと潜在的なニーズの両方がバランスよくあって、キャズムを越えれると思えたのがこれだったという感じです。

 

 

 

現状はMVP(Minimum Viable Product)を作りつつ、ヒアリングを重ねています。

プログラミングが分からん過ぎて半泣きになりながら、橘高さんの足を引っ張りながら進めています。

チラ見せ

 

 

 

バグが出過ぎてこのピース男を殴りたくなりながら開発

 

 

 

もうすぐMVPは完成するので、完成次第、僕らの間で使ってみたりテストして修正。

その後、広島大学生の間で使ってもらいながらヒアリングをしていきます。

 

 

 

応募して落ちた(汗)

さて、本題ですが、Code for Happinessという企画に応募しました。

あえなく結果は落選。いけると思ったのになぁーー。

 

 

国内のビジコンはほぼ全てチェックしていますが、結局あまり出していません。

なぜなら、その段階じゃないからです。

 

 

アイデアベースで出せるビジコンはありますが、それに時間をかけるならMVPを作ったりヒアリングした方がいいものが出来るに決まっていますし、ちゃんとした企画に応募できるほど、僕らにはまだ人を魅了するプロダクトがありません。

 

まだ赤ちゃんなのです。というかまだ胎盤につながれ羊水に包まれている状態なのです。始まってない

その状態で、ビジコンに出ようというのはどだいおかしな話なのです。子宮にいる赤ちゃんがビジコンに応募している場面を見たことがありますか?ないですよね

 

 

ですが、企画元のリブセンスのHPを見て、思ってしまったわけです。

 

 

 

 

 

 

「めちゃ×100いい会社だな!!!!!」

 

 

こんなCoolなHPを作れる会社はめちゃくちゃカッコいい会社に違いない。
こんなめちゃくちゃカッコいい会社を作った人や働いている人はさぞかし、かっこよくとんでもなくCoolな人だろうという偏見が爆発し、超会いたくなり、いろいろアドバイスをもらいたくなりました。(できればお金も欲しい笑)

 

 

ので応募することにしたのですが、会えなく落選。
ちょっと落ち込みました(その後、一瞬で回復)

 

 

リブセンスの人がいい人だったので、後日企画に関するフィードバックを頂けたので、それと共に、ここで晒しておきます。

 

今後事業を作ろうとする僕の後輩に、この企画書を踏み台にして同じミスをしないように、少しでもスムーズに事業が進むことを願っています。

 

 

応募した企画書↓

https://docs.google.com/document/d/1FPxA9ijcjrjv7saA6FVyRmP3Nm9v0wRqRyct0t0T1xM/edit?usp=sharing

 

 

 

頂いたフィードバック

たぶんこちらが大事だと思います。

頂いたフィードバックも簡単にまとめて載せました。

 

 

 

仰ってることはどれも納得できましたし、nice to haveじゃなくて特定の人の心にグサッとささるサービスにどうしたら出来るかみたいなので、最適解がまだ見つかってない感じはするのでそうだなーと思いました。

 

 

落ちはしましたが、頂いたフィードバック含めて考えて、MVP使ってもらいながら真摯に皆の意見を聞いていけばいいのでないかなーと思っています。

 

また落ちた応募して落ちる&&フィードバック貰う機会があればまた載せますね。

最強開発メンバー紹介!!!

やっと紹介できるわ~。早く紹介したかった~

 

今、MeBotのプロジェクトは二人組でやっているのです。一応僕が言い出しっぺで進めていてFacebookではさも僕がやってるように振舞っていますが、実際意味のある活動をしてるのはこの人です。影のドン的な人なのです。ONE PIECEで言うドフラミンゴ、BLEACHで言う藍染惣右介的な人(違うか

続きを読む

『コミュニティ グローバル化と社会理論の変容』

最近、結局重要なのはまわりまわって人とのつながりなのではないか、と思います。この本は「コミュニティ」についていろんな角度、色んな先人の現説を辿り、今までのコミュニティと今のコミュニティがどう違うのかを丁寧に追っていきます。主旨は一貫しており、非常にわかりやすいですが、これからのコミュニティの在り方について示唆に富んでいます。

続きを読む

「なぜいま地域通貨なのか~エコマネーからビットコインまで~」地域通貨の第一人者西部教授が語る新しい経済の姿

「新しいお金の形を探るインタビュー企画」記念すべき第一弾は、「地域通貨」に関する研究を長年続けており、理論・実証研究共にたくさんの知見をお持ちの地域研究第一人者・西部忠専修大学教授にお話を伺いました。

 

西部忠

専修大学経済学部教授。分野は進化経済学。地域通貨に精通しており、地域通貨に関する理論研究、実証実験ともに長年行っている。著書に『地域通貨を知ろう』『資本主義はどこに向かうのか』編著に『地域通貨』『進化経済学のフロンティア』など。

 

以下の著書・論文リストからは、たくさんの西部教授の論文がダウンロードできます。より詳しく知りたい人はご参照下さい。

西部教授の研究業績一覧

 

 

この記事の要約

1.  今こそ、資本主義ではない市場主義を考える時

2. 「お金の罠」とは「一元的な数値化」である

3. 地域に根差した仮想通貨が必要だ

 

続きを読む